母ちゃんにカードローンがバレないように祈る!

夫婦間で隠しごとはよくないといわれますが、母ちゃん(奥さん)に知られたくないこともありますね。
やはり、夫婦といってもお互いが独立した存在ですし、それぞれの時間と空間を大切にしたい気持ちもあります。
また、お互いに家計費を負担し合う形が増えていますが、家計費以外は個人のヘソクリになりますよね。
ヘソクリといっても、お互いにお金を持っていることは想像できるため、ヘソクリとはいえませんね。
それに、いざというときは頼ることが期待できます。
ただ、借金があることがバレるのは避けたいですね。
だから、母ちゃんにカードローンがバレないことを朝晩祈っています。
なぜ、カードローンを借りるのかは個人によっても違いますね。
しかし、職場での役職が上がっていくと、部下に奢る機会も増えてくるのが一般的です。
もし、何も奢らない上司とのイメージが定着すると、部下からの評判も悪くなり、職場に居づらくなりますね。
そういった事態を避けるためにも、必要なときにはすぐに利用できるカードローンを申し込んでおきたいのです。
もちろん、使わなければ返済義務もなく、利息も掛からないので安心できます。